これさえ覚えれば完璧!失敗しないためにも覚えておきたいお焼香の作法

お焼香は亡くなった人に対して、香を焚いて敬虔な気持ちで冥福を祈ることです。法要で必ずといっていいほど見かけるもので、香炉の中に細かくしたお香を入れて焚きます。葬式や法事のときには主に抹香と呼ばれるものを使用することが多いです。

いつする?

お焼香は喪主なら僧侶の後にするのが基本ですが、宗派によっては最後に喪主・遺族が焼香するケースもあります。どのタイミングか不安な場合は、あらかじめ葬儀社の担当者と相談して決めてことと、僧侶と焼香のタイミングを打ち合わせしておくことをお勧めします。喪主は初めに焼香する必要があるので、あらかじめその宗派のお焼香の作法を覚えておきましょう。

なお、規模の小さな家族葬なら、僧侶がどうぞ、と焼香のタイミングを伝えてくれることもあります。

一般参列者なら喪主・遺族・親族の後に焼香する場合がほとんどです。

やり方

お焼香には線香と抹香の場合、座礼と立礼の場合の2種類に分かれます。

抹香・立礼焼香

①数珠を左手に持って遺族・僧侶に一礼し、焼香台に進む

②焼香台の前で遺影に向かって合掌、一礼する

③少し頭を下げつつ焼香台の右にある抹香を右手の親指・人差し指・中指でつまんで、額のあたりまでかかげる

④手を下して抹香を焼香台左側にこすりながら落とす

⑤③~④を複数回繰り返す(混雑時は1回でもOK)

⑥焼香後、遺影に合掌、一礼して、僧侶・遺族にも一礼して下がる

線香・座礼焼香

①僧侶と遺族に一礼し、遺影に向けて一礼する

②焼香台にある線香を1本手に取り、ろうそくの火に近づけて線香に火をつける

③線香に火が付いたら線香を軽く振って消す。このとき絶対に息を吹きかけて消してはいけません。

④香炉にゆっくりと線香を立てて合掌する。何本かの線香に火をつけた場合も一本ずつ慎重に線香を立てる。

回し焼香

①香炉が回ってきたら一礼して受け取る

②香炉を床に置き、遺影に向かって一礼してからお焼香をする

③合掌し、一礼する

④香炉を隣の人に回す

回数・作法

お焼香の作法や回数は宗派によって細かく異なります。ただし、時間の関係で回数を指定されることもありますが、回数よりも故人を思う気持ちの方が重要なので、相手や自分の宗派がわからない場合には1回焼香すれば問題ありません。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ