喪主様向け!知っておいていただきたい、お通夜のルール

お通夜は告別式を前に故人のそばで別れを惜しみ、明かりを消さずに夜通しで故人と過ごす最後の時間です。最近では夜を徹して行われることは少なくなり、亡くなった日の晩に夜10時ぐらいまで行う”半通夜”が一般的となっています。

儀式はおよそ1時間程度で終了しますが、明かりを絶やさないというかつての習わしだけ守り、今でも明かりだけを灯し続けている家も多いようです。

通夜の流れ

受付開始

式が始まる1時間から30分前には開始しましょう。喪主は決まった位置で弔問を受けます。弔問客は着席したら式の開始を待ちます。

僧侶到着

僧侶が式場に到着したら、控室に案内しておもてなしをしましょう。この時に読経の時間や法話について打ち合わせしておきましょう。

僧侶入場

時間になったら僧侶を式場に案内し、喪主・遺族・親族・弔問客各自黙礼で僧侶を迎えましょう。

僧侶読経

読経は30~40分程度の時間がかかり、弔問客が多く、焼香に時間がかかることがあらかじめ予想される場合には、読経中にお焼香を済ませることもあります。

お焼香

まずは遺族からお焼香をしましょう。遺族の中でも喪主から順番に焼香をしていきます。お焼香の作法は宗派や地域によって細かい部分(お焼香の回数など)は異なりますが、基本的には次の通りです。

  • ①左手に数珠を持つご遺族・親族・僧侶に一礼遺影に合掌して一礼
  • ②右手親指・人差し指・中指で香炉右側にある抹香をつまみ、つまんだ手を返して額のあたりまで持ち上げる
  • ③手を香炉の左側まで落とし、指をこすりつつ抹香を落とす
  • ④ご遺族・親族に一礼して元の席に戻る

お通夜終了

通夜が終わったら喪主か親族の代表者が通夜の挨拶をし、通夜振る舞いのお誘いをします。

通夜振る舞い

弔問客や僧侶にお酒やお食事を出して接待することをいいます。僧侶は上座に案内して喪主は隣席に、遺族は末席につきます。もし、僧侶が通夜振る舞いに参加しない場合、”御膳料”として5千円程度をお渡しし、世話役の代表者が僧侶をお見送りします。

通夜振る舞い終わり

全体の雰囲気を見つつ、頃合いを見計らって閉会の挨拶をしましょう。

葬儀打ち合わせ

弔問客が全員帰られたら、翌日の葬儀の打ち合わせをしておきましょう。

避けるべき日

縁起が良くないということから葬式は友引を避ける、ということが言われていますが、お通夜の場合は避ける必要はないとされています。ただし、お通夜と葬式の日程が連動しており、葬儀の日に友引が重なってしまう場合は葬式を遅らせるか、お通夜までの日数をあけるしかありません。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ