指名されても大丈夫!誰でもできる葬儀の受付マニュアル

喪主は葬儀や法要の幹事役ですが、受付は葬儀場に来た参列者がもっとも始めに挨拶する相手なので、葬儀での顔、として見られることが多いです。受付の仕事自体は知っていれば難しいものではありません。しっかりと知識を持っていれば誰でもこなせる役割です。

近しい人が亡くなった時に受付をお願いされて困らないためにも、受付の仕事はどんなものなのか、どんなマナーを守るべきなのか今のうちに知っておきましょう。

誰がやるのか

受付は基本的に直系以外の親族や故人の勤める会社関係の人、友人、知人や親戚が依頼されることが多いです。

受付の仕事は?

準備をする

参列者が来るまでの時間は葬儀場のレイアウトを覚えることと、葬式の流れを覚えることに使いましょう。またこの段階で芳名帳に番号を記入したり、記入いただくための筆記用具を用意しておくといいでしょう。この時に焼香を済ませておくのもお忘れなく。

挨拶する

参列者が来られたらきちんと挨拶をしましょう。

この時にお香典を受け取ることになるので、重ねてお礼を伝えましょう。

芳名帳への記帳

参列者に芳名帳への記帳をお願いしましょう。この時に芳名帳の行の番号をお香典に書いておけば、どなたから渡された香典なのか後からしっかり分かります。

返礼品を渡す

記帳が終了した参列者には、あらかじめ用意されている返礼品を渡しましょう。あまりに大規模な葬儀なら受付とは別に”返礼品係”を設けて効率化を図りましょう。

会場に案内する

参列者に式場への行き方を案内します。時期によってはコートを預かったり、年配の方を案内する際にはドアを開けたり、足元に注意するよう伝えたりと配慮が必要になります。

香典を渡す

参列者が立ち去った後に会計係にお香典を渡しましょう。

守るべきマナー

挨拶

受付は参列者と顔を合わせますし、葬式で一番初めに挨拶することになるので、きちんとした挨拶をしなければなりません。ご遺族の代表として受付をしていることを忘れないようにしましょう。

式の流れ、お手洗いの場所を把握しておく

参列者から告別式の開始時刻やお手洗いの場所などを聞かれることが多いため、葬儀場のレイアウトや式の流れをあらかじめ頭に入れておく必要があります。

 

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ