こんなにあった!法要を営む必要のある日

仏教では法要を行う日が決まっており、亡くなって49日目に来世が決まると考えられています。注意したいのは法要の日程は命日を含めて数えるという点です。

法要・法事で恥をかかないためにも今から前もって法要の時期や内容を掴んでおきましょう。

いつするのか

亡くなってから~日目に行われる忌日法要と、~年目に行われる年忌法要の2つに分かれます。忌日法要には「初七日~七七日」、「百か日」まであり、命日の100日後の百か日で忌日法要は終わります。それ以降の亡くなってから満1年目を1周忌、満2年目には3回忌、6年目に7回忌と32年目の33回忌まで年忌法要は続きます。

なお、それぞれの法要ごとに大きな意味を持つものもあり、規模も法要の意味によって変化してきます。例えば二七日は遺族のみで家に住職を迎えて故人を供養しますが、七七日(四十九日)は遺族・親族・親しかった人を集めて法要を行い、法要後に会食をするといった決まりがあります。

法要ごとにそれぞれ意味があることを覚えておきましょう。

最近の傾向

このように法要の数は多く、毎回法要を営むのは大変そうに思えますが、近年では初七日は葬式と同時に行う(繰り上げ・組み込み初七日)ことが多く、それ以外の忌日法要については七七日(四十九日)だけ遺族・親族・親しかった人たちを集めて行うケースが増えています。

なにをするのか

それでは主要な法要はいったい何をするのでしょうか。大まかな内容は以下のようになっています。

初七日

命日を含む亡くなった日から7日目に営む法要で、遺族・親族・友人が参列し、住職にお経をあげてもらった後に会食をします。

近年ではスケジュールを合わせるのが難しいといった点から、葬式で火葬場から帰ってきた後にひとまとめにして行うことも多くあります。

七七日(四十九日)

遺族・親族・友人が参列して住職にお経をあげてもらう法要で、故人が死後の世界での行先が決まる大切な日とされています。

忌日法要のなかでも重要な日ですので、しっかりと事前に準備を済ませておきましょう。

1周忌

親族だけでなく知人・友人も参列して行う年忌法要で、年忌法要の中ではもっとも重要な法要とされています。

当日は住職を読んでの読経やお仏壇やお墓の開眼法要、法要後の会食と引き物を渡す、ということをします。

3回忌

亡くなってから満2年の命日に行う法要で、営み方は1周忌とほとんど同じです。

現在では3回忌までは手厚く営むことが多いものの、それ以降は遺族だけで行うといったことが多いです。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ