しまった・・そうならないために知っておきたいお墓選びの5つのポイント

墓地にも種類がいくつかあることと、それぞれメリット・デメリットがあることはご存じでしょうか。

ここでは墓地の種類を解説するとともに、どうすれば理想のお墓を選ぶことができるのか、後悔しないためのポイントなどをお伝えしていきます。

お墓の種類

公営墓地

公営墓地は地方自治体が管理および運営を行っている霊園で、他と比べて費用が比較的低く設定されており、宗派や石材店を自由に選べることが特徴として挙げられます。ただし、募集時期が不定期で、お墓の形やお墓を立てる位置も限定されていることがあったり、申し込み条件が厳しい場合もあります。

民間墓地

民間の宗教・公益法人が運営および管理を行っている霊園で、購入の資格制限が少なくどんな宗派でも購入できるところが多いこと、墓石のデザインが自由に選べること、生前購入が可能であることがメリットとして挙げられます。デメリットとしては石材店を選択できない、霊園によっては管理の質に差があるなどの点が挙げられます。

寺院墓地

寺院に隣接もしくは寺院の近隣にあるお墓で、寺院が管理運営を行っています。お墓を購入する際に檀信徒契約が必要になることと、檀家として寺院の行事に参加を求められる可能性があること、墓石のデザインや石材店の自由度が低いことがデメリットとしてあげられますが、いつでも葬儀・法要の相談ができる安心があることと、いざとなれば永代供養をお願いすることもできることがメリットとして挙げられます。

お墓の選び方

宗派

宗派によっては選択できない墓地や、宗教不問のお墓も存在します。いまだけでなく、承継する人のことも考えてお墓を選ぶ必要性があります。

景観・環境

お墓は自然のなかに作られていますが、なかでも日当たりや風通しがよく、カビの生えない環境を選びましょう。美しい景観が楽しめる山や海などの近くのお墓は、お墓参りに行く方も心が安らぎます。

アクセス

お墓参りのことを念頭におき、お年寄りでもお参りできるアクセスが便利な場所を選びましょう。お墓参りの道中が狭路だったり、駐車場がきちんと整地されていないところは避けましょう。最寄駅から離れている場合は、最寄駅から送迎バスが出ているかどうかも重要な判断要素です。

設備・管理者

駐車場や送迎バス、水道施設や休憩所、売店など施設が充実しているものを選びましょう。特にお墓を掃除することは多いため、水道施設があることは必須といっても過言ではありません。

価格・費用

お墓の費用は場所代だけではなく、墓石の費用がかかります。墓石は墓地によっては提携している墓石店でしか購入できない場合もあるので、管理費・墓石費用・永代使用料など総合的に判断しましょう。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ