もしもに備えて覚えておきたい!失敗しない葬儀社の選び方

葬儀社は世の中に数多く存在しますが、その中でもいったいどれを選ぶべきなのでしょうか。

ここでは葬儀社の種類と選び方をみなさまにお伝えしていきます。

種類は?

病院が紹介する

病院が紹介してくれる葬儀社と聞くと信頼できる”良い葬儀社”というイメージがありますが、紹介する葬儀社を料金体系を比較したうえで選んでいるわけではない、ということを覚えておかなければなりません。また、公的な病院は紹介先の葬儀社を抽選で選んでいたり、私立の病院は地域の理由から選んでいることがあります。つまるところ、病院が紹介する葬儀社=良い葬儀社というわけではない、ということです。

個人で探す

個人で探す場合、自分で判断基準を定めてその条件に合った葬儀社を選ぶことになります。最終的にどこを選ぶにしても葬儀社選びをするときは、”どんな葬儀がしたいのか”を考えるようにしましょう。そして葬儀社にもいろいろな特徴があるので、その中で自分の基準に合ったものを探しましょう。

どのように選ぶ?

対応が丁寧

葬儀は一瞬の関係ではなく、葬儀を通じて何度も担当者の方と話し合うことになります。対応が丁寧で嫌な気分にならない葬儀社を選びましょう。

しっかりとサービス・費用の説明

しっかりとサービスの説明ができているでしょうか。あやふやな点をわざと流していないか目を光らせましょう。パンフレットもわかりやすいものを使っているかどうか、細かい文字で小さく注意書きをしていないかどうかなどを見ましょう。

費用に関してはセット料金の内訳など、見積もり明細を出して何の費用でいくらかかっているのかを、詳しく説明してくれるかどうかをチェックしましょう。

担当者の人柄

葬儀当日はとても忙しく喪主は参列者への挨拶や、僧侶の出迎えなどやることがたくさんあります。そんな忙しないときに親身になって動いてくれる担当者がいると、葬儀も円滑に事が進み、心地よい最後の時間を過ごすことができます。

葬儀社によっては葬儀内容の打ち合わせ担当者と、当日の葬儀を担当する人が別人であることもしばしばなので、あらかじめ当日の葬儀担当者を聞きだし、しっかりと事前に相談しておきましょう。

服装・身だしなみ

服装のちょっとした乱れがないかどうかを見ましょう。キチンと身だしなみができている葬儀社は、葬儀当日の気配りもきちんとできる可能性が高いです。

相談に乗る

細かな相談にも乗ってくれる葬儀社は葬儀も丁寧にやってくれる可能性が高いです。ここなら大切な人との最後の時間を任せられる、と心の底から思える葬儀社を選びましょう。

契約を急かさない

いいポイントをひたすら羅列し、契約を急かしてきたり、押しが強い場合は怪しんだ方がいいでしょう。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ