これさえ知っておけば大丈夫!お盆の基礎知識

お盆は主に8月15日に行われる、先祖の霊を迎え祀る行事です。かつては7月15日に行われていたことから、いまでも7月にお盆の行事を迎える地域もあります。京都では五山の送り火というお盆の最後に先祖の霊を送り出す、大きなイベントもあります。

お盆の流れ

~お盆の前月

・寺院への僧侶を依頼

・お墓やお仏壇の清掃

・お飾りの準備(盆棚・仏具・ローソク・線香・お盆提灯)

新盆の場合

・見舞客への返礼品の準備をしておく

・新盆用の提灯準備

お盆当月

12日お供え始め

・飾り付けとお供え始め

13日迎え盆

・家族でのお墓参り

・お盆提灯に火を入れて家の玄関付近で”迎え火”を焚く

14日・15日盆中日

・家族揃ってお墓参り

・僧侶を招いての読経

・親族や故人の友人らと会食

16日送り盆

・送り火を焚いて先祖の霊をお見送りする

(お盆の風習は地域によって異なるため、一概にこれが正しいということではありません。あくまでも一例となります。)

用意するもの

精霊棚

先祖の霊を迎えるものを盆棚、もしくは精霊棚と呼びます。棚の上にお供え物や位牌、馬に見立てた胡瓜や牛に見立てた茄子などなど、さまざまなものを用意する必要がありますが、これらは地域や宗派によって異なるため、必要なものを知りたい場合は菩提寺の僧侶に聞いてみるといいでしょう。

新盆

故人がなくなり四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことを”新盆”といいます。新盆のときは特別に親族・近親者・故人の友人らを招いて、僧侶に読経してもらい供養します。読経が終わったら一同で食事をします。新盆のときは白張りの新盆提灯と盆提灯を飾り付けます。

お盆のまとめ

このようにお盆の期間中にはやらなくてはならないことが多くあり、非常に煩わしく感じる方もいるかもしれません。しかしながら、ここに書いてあることを全てやる必要はなく、ご先祖を温かく迎える気持ちと戻ってきた先祖の霊を感謝して送り出す気持ちが何よりも大切なものとなります。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ