何を着て行ったらいいか分からない・・知っておきたい法要の服装

法要の服装と聞くと多くの方が黒い喪服を想像されると思います。基本的にはそれで間違いないのですが、もし案内に”平服”でお越しください”と書かれていたら何を着ていけばいいか分かりますか。女性の方はアクセサリーを付けて行ってもいいかどうかを知っていますか。

ここでは法要の服装を”お通夜”と”葬式”に分けて解説していきます。

お通夜

お通夜は故人と関係の深かった人が集って故人を偲び、ローソク・線香の火を寝ずの番で絶やさぬようにしたことに始まります。もともとは線香の煙で遺体の腐敗臭や火で魔物から遺体を守るという点がありましたが、現在では技術が進み、遺体を守ることも容易くなったことと、参列者のスケジュール合わせが昔よりも大変になったため、夜の2時間程度で完了する”半通夜”と呼ばれるものが一般的です。

ご遺族

男性の場合は黒いブラックスーツまたは喪服を着ずに紺・グレーのスーツでも問題はありません。

女性の場合は黒などの地味なデザインのワンピースかスーツで、肌の露出が少ないものが絶対条件です。服・バッグ・靴などにおいても光沢の少ないものを選びましょう。和装ならば、染め抜き日向紋を5つ付けた黒無地の着物を使いましょう。

弔問客

男性はダークスーツで目立たなければストライプでも可能です。ただし、ネクタイは黒などの地味な色を使いましょう。
仮通夜の場合は平服ではなく、喪服で行くと死を予期していたとなり、かえって失礼にあたります。なお、仕事先から直接行くときはネクタイと靴下を黒色のものを使うといいでしょう。

女性は紺・グレーなどの地味なスーツ・ワンピースで、ストッキングを履くなら黒または肌色のものを使いましょう。

葬式・告別式

お通夜・葬式・告別式ともに服装の基本は”光沢のあるものをさけること”なので、基本的にはアクセサリーをつけてはいけません。ただし、例外として結婚指輪は付けて行っても失礼にはなりません。

遺族

元来は正式礼装が基本でしたが、現在は男性は黒いブラックスーツで中には白シャツを着用すれば問題ありません。ネクタイ・ベルト・靴下・靴など全て黒に統一しましょう。

女性は黒のワンピースやスーツで肌の露出が少なく、スカート丈は最低でも膝が隠れるものにしましょう。

弔問客

男性は黒・濃紺・濃いめのグレーなどのダークスーツで、ネクタイ・靴下・靴ともに黒色が一般的です。

女性は黒のフォーマルスーツかワンピースで、ストッキングも黒が基本です。靴に関しても装飾がついたものではなく、黒色でシンプルなものが好ましいです。

補足事項

平服

しばしば”平服でお越しください”と書かれていることがありますが、平服=カジュアルではなく「略礼装」と覚えておきましょう。つまり、平服でお越しくださいと書かれている場合は、男性なら地味めのダークスーツ、女性なら地味な色合いのワンピースやスーツなどを着用しましょう。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ