知って納得!ここが違った、葬式と法要の違い

葬式と法要、どちらも聞いたことのある単語ですが、その2つの意味の違いを知っているでしょうか。葬式と法要ではそれぞれの役割や内容、マナーについても違いがあります。どちらに参列することになっても困らないようにしっかりと知識をつけておきましょう。

まずは葬式と法要の違いを説明する前に、法事と法要の違いをここで解説しておきます。

法事と法要の違い

法要とは

遺族が故人を偲んで住職にお経をあげてもらうこと”追善供養”のことを指します。

法事とは

追善供養のあとに会食まで含むものを法事と呼びます。

葬式と法要の違い

葬式

葬式は故人と別れを告げる弔いのための儀式で、故人を偲びあの世でも幸せでいられるように祈ります。簡単に言うと葬儀は死者を葬るための儀式ということになります。

内容としては一般的に通夜・告別式・火葬をひとまとめにして葬式と呼びます。通夜は本来は告別式の前夜に遺族・親族・友人たちが集まって夜を徹して遺体に付き添うものですが、現在では2時間程度で終了するお通夜が一般的なものになっています。

大切な人がなくなった瞬間は実感がわかないものですが、葬式でお経をあげ、お焼香をするうちにもうその人はこの世界にいないという、事実を認識し納得するための儀式ともいえます。そのため葬式では悲しい気持ちを我慢せずに、亡くなった方への思いを参列者の方々と分かち合うといいでしょう。

法要

法要は故人の死後に複数回行うことで、故人の供養とともに故人の死を受け入れて死別から立ち直る意味合いがあります。法事は先祖や亡くなった方を祭る儀式であるといえます。

法要は葬式と違って定期的にかつ複数回(追善供養)行われ、法要ごとに参列者は異なります。なお、法要の中で最も重要なものが”49日(七七日)”で、亡くなった方があの世へ旅立つ日とされています。49日には故人の遺族・親類・友人を招いて行われ、住職を呼んでお経をあげてもらいます。この日に同時にお墓に納骨することも多いです。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ