なんのため?法要にはこんな意味があった

49日、1周忌、3回忌などの年忌法要。なぜ忙しいなか集まって法要に出席しなければいけないのか、そう考えたことはありませんか?ここではなぜ法要・法事を行うのか、その意味をお伝えしていきます。

なぜやるのか

そもそもの法要の意味ですが、”仏になった故人を供養する”という意味の仏教用語です。

要するに法要とは亡くなった方を偲び、故人が死後の世界で無事に冥土の旅を終え、よい世界に転生できることを祈るために行われるのです。また、普段合わない親戚や知人、地域の人々たちが集まるので、いかに故人によって作られた関係性が多かったのかと確認する場でもあります。

誰かが亡くなるときは急なことが多く、驚いたり予定を合わせるのが大変だったりしますが、煩わしさではなく亡くなった方とのご縁に感謝して故人への感謝を胸に出席するようにしましょう。

いつやるのか

法要を営む日は”忌日法要”と”年忌法要”の2つに分かれ、忌日法要は”初七日(命日含め7日目)”、”二七日(命日含め14日目)~七七日(命日含め49日目)”、”百力日(命日含め100日目)”まであります。

年忌法要は”1周忌(命日から満1年)”、”3回忌(命日から満3年)”、”七回忌~百回忌”まであります。しかしながら、全ての日に法要を営むのは難しく、現在では主に「初七日」と「七七日(四十九日)」までを友人や知人を招いて法事を営み、以後の忌日法要や年忌法要は親族のみで営むことが多いです。

何をするのか

初七日

初七日は命日を含む亡くなった日から数えて7日目に営む法要で、近年では葬儀の当日に一度に済ませてしまうことが多い(繰り上げ法要・繰り込み法要)法要となっています。もし葬儀のときに一度に済ませない場合は親族を集めて法要を営み、会食をする、といった流れになります。

七七日(四十九日)

四十九日は命日を含めて亡くなった日から49日目に営む法要で、故人が死後の世界で極楽浄土に行けるかどうかの判定が下される日、とされています。そのため最も重要で法要の規模も大きくなりやすいので、参加人数が多い場合にはあらかじめ大きな会場を手配しておきましょう。

関連記事

お見積・お問い合わせはこちら

06-6355-0300
受付時間 / 9:00~18:00(日・祝休み)
このページのトップへ